マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

9月の日経225取引で意識すべきポイント 配当金狙いの買いはいつ入るか

2018年9月4日 17:00

9月の日経225取引で意識しておくべきポイントは

 9月は多くの企業が中間決算を迎えるが、そうした季節要因が相場にどのような影響を及ぼすのか。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、今後の日経225取引における自身のトレードポイントを解説する。

 * * *
 8月を振り返ると、やはり例年通り「夏枯れ相場」になり、相場は全体的にモタモタした動きになっていました。

 ただ、トルコショックはありましたが、トルコリラ以外の銘柄が連動してガラガラ下落する、という状況には至っていませんでしたし、特に日経平均株価は底堅い動きを見せていました。なぜでしょうか。

 日経平均先物の売買比率データを確認すると、過去最高水準まで空売り比率が高まっていました。買い残と売り残を比べると、ほぼ拮抗している状態にありますが、空売り比率だけで言えば過去最高水準です。

 夏枯れ相場を意識して売りを持つトレーダーが増えたことも空売り比率が高まっていたことの理由の1つとして考えられます。そしてこの状況から、少し下落しても空売りに対する買い戻しが入り、底堅い動きになったのではないでしょうか。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。