マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

トランプ大統領のアジア軽視は中国の覇権拡大に有利に働く

2018年9月5日 11:00

トランプ大統領のアジア軽視の姿勢がどのような影響を及ぼすのか(Getty Images)

 11月にシンガポールで開催されるASEAN首脳会議、その後、パプアニューギニアで開催されるAPECサミット会議に、アメリカのトランプ大統領は出席しないことになった。

 ホワイトハウスは8月31日、両会議について、ペンス副大統領が出席すると発表した。中国メディアの環球時報は9月3日、この件に関して、「アメリカのメディアでは、“中国は魅力をアピールするチャンスを得た”と報じている」などと伝えている。日本ではあまり報じられていないが、その意図はどういうものなのか。同記事の要旨について、簡単に紹介したい。

 トランプ大統領は大統領就任直後にTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)から離脱、日米韓軍事同盟のコストについて疑問を投げかけたが、その後、アメリカの官僚たちは、インド太平洋戦略を前面に押し出して、これがアジア地区における戦略のコンセンサスであると公言していた。しかし、アジアでの重要な会議に出席しないのでは、インド太平洋戦略を成功させるどころか、アジア太平洋地区におけるこれまでのプレゼンスの維持すら基本的に放棄しているに等しいのではなかろうか? そうした懸念を強く感じる。

 北朝鮮の核兵器放棄を承服させなければならない。戦略的な競争相手である中国との貿易摩擦も抱えている。アメリカの外交政策においてもっとも厳しい試練に置かれているのはアジアである。そのアジアの重要会議に出席しないというのは間違っている。

 もっとも、トランプ大統領側にも出席できない理由がある。アメリカ議会中間選挙は迫っているし、ロシアゲートなど一連の調査もある。国内問題に注力しなければならないといった事情もある。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。