マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中国アップル関連株急落が示す「危ないシグナル」

2018年9月12日 7:00

アップルはトランプ大統領の対中施策に講義している(Getty Images)

 9月10日の上海総合指数終値は2669.48ポイントで前営業日比1.2%安。8月17日以来の安値を記録した。証券、電子部品、通信機器などの下げ幅が大きく、とりわけアップル関連の下げが目立った。

 アメリカは6日まで、2000億ドルの中国からの輸入品に対して追加課税を徴収する件で意見徴収を行ったが、アップルはその期間中、アメリカ通商代表部(USTR)に書面を提出している。それは、「貿易戦争によって引き起こされる関税コストは消費者に転嫁される。アップルウォッチ、エアポッドなどの価格は高くなるだろう」といった内容の抗議文であった(9日、ウォールストリートジャーナルなど)。

 インテルもアップルの抗議に賛同しており、「中国の関税措置はアメリカ企業にネガティブな影響をもたらす。サプライチェーンにおいて、中国の製造業に依存しているPC、スマホメーカーは特に大きな影響を受ける」などといった抗議文をUSTRに提出している(9日、ブルームバーグなど)。

 トランプ大統領とシリコンバレーのハイテク企業との軋轢は日増しに高まっている。そうした中でトランプ大統領は8日、アップルに対して、「関税をゼロにし、租税優遇措置を受ける簡単な方法がある。中国の代わりにアメリカで生産すればよい。今すぐ新しい工場の建設を始めるべきだ」とツイートしている。これが中国本土のアップル関連銘柄下落の要因となっている。

 はたしてアップルはトランプ大統領の言葉通り、アメリカに生産工場を持つことがあるだろうか?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。