マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

アメリカが世界最大の産油国になることで新たに顕在化するリスク

2018年9月20日 7:00

シェールオイル開発の進展でアメリカの原油生産量が急増(写真:アフロ)

 最新の統計によれば、アメリカは今年、ロシア、サウジアラビアを抜き、世界最大の産油国となる見込みだ。これが実現すれば、1973年以来のこととなる。

 9月11日に発表されたアメリカエネルギー省エネルギー情報局(EIA)の短期エネルギー見通しによれば、8月のアメリカの原油産出量は1090万バレル/日となった。同じ時期のロシアの産油量は1121万バレル/日なので、月次では僅差で下回っているのだが、2018年の予想平均産出量で比べると、アメリカが上回っている。

 アメリカの原油生産量は増加し続けている。2017年における平均産出量は940万バレル/日であったが、2018年は1070万バレル/日、2019年は1150万バレル/日に達し、2019年も引き続きアメリカが世界最大の産油国であり続けるとEIAは予想している。

 アメリカの原油生産量急増の背景には、シェールオイルの開発が爆発的に進んだ点が挙げられる。過去10年でシェールオイルの生産量は倍以上の増加率となっている。

 その一方、シェールオイル開発には莫大な資金が投下されている。リーマン・ショックから10年が経過し、この間、大規模な金融緩和が進んだことにより、GDPに占める企業の債務率が急増しているが、企業債務の内、多くの部分がエネルギー関連となっている。

 シェールオイル関連の技術進歩は目覚ましく、生産コストは下落している。とはいえ、企業には高いレバレッジがかかっていることから、金利が上昇すれば収益が大きく圧迫される。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。