マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

知られざる社員食堂の日常 カレーに具がない、悪口が筒抜け…他

2018年11月12日 15:00

知られざる社員食堂の日常とは(イメージ)
知られざる社員食堂の日常とは(イメージ)

 会社員にとって昼ごはんは大事なイベント。外資系企業の中には、福利厚生の一環として社員食堂の充実を掲げる会社も多いが、中には“社食”が社員のストレスになっているケースもあるようだ。ビジネスシーンの最前線で働く社会人たちに、社食について聞いてみた。ミホさん(30代/メーカー)の会社には、いかにも前時代的な社員食堂があったそうだ。

「ウチの会社には役員専用の社員食堂がありました。私も役員への用事があって入ったことがありますが、あからさまに絨毯がフカフカで……。ワイングラスがぶらさがっていて、高級バーのようなカウンターもありました。古い会社なので、バブルの名残ですかね」

 フカフカ絨毯で優雅なランチとは羨ましい限りだが、ヨシオさん(50代/建設)の会社の社員食堂は、“毎日が戦争”だという。

「事務所が繁華街から離れた所にあるので、昼ごはんは弁当か社員食堂しか選択肢がありません。社員食堂の一番人気はカレーライスで、価格も200円と良心的ですが、問題はセルフサービスだということ。若手社員が、少しでも腹を満たそうと具をたっぷり取ってしまうので、出足が遅れると、お玉でどれだけすくっても、具がまったくないのです」

 昼食休憩のベルが鳴るやいなや、まるで高校生のように食堂まで走る者もいるとか。その一方で、ユキオさん(40代/土木)の会社の社員食堂はいつもガラガラだそうだ。なぜ?

「社員食堂といえば普通は安いはずですが、ウチの社員食堂は800円もします。牛丼の吉野家は『うまい・安い・早い』ですが、ウチの社員食堂は『マズい・高い・遅い』で有名。しかも『少ない』ので、いつもガラガラです。たまに社員食堂の話になると、社員が言うことはみな同じで、『昔、1回だけ行った』『もう2度と行かない』。それでもつぶれないのは、創業家のファミリー企業が経営しているからという噂です」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。