マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

女性にメリット大きい相続ルール改正 「居住権」で何が変わる?

2018年11月21日 16:00

遺された妻は夫の死後も安心して暮らせるように
遺された妻は夫の死後も安心して暮らせるように

 2019年1月から、相続のルールが40年ぶりに大きく変わる。そのポイントは、「女性にとって有利な制度になる」ということ。今回の法改正で新設された「配偶者居住権」を上手に活用すれば、妻の大きなメリットになる。1万4000件以上の相談を受けた経験を持つ、相続コーディネーターの曽根恵子さんが解説する。

「夫が8000万円相当の自宅と、4000万円の現金を遺して亡くなり、それを65才の妻と2人の子供が相続するケースで考えてみます。妻が自宅を相続する場合、法定相続分から算出すると、子に3000万円ずつ、計6000万円の現金を渡さねばなりません。しかし、現金は4000万円しかないため、自宅を売却して現金を作らざるを得ませんでした。

 そんな時に役立つのが『配偶者居住権』です。妻は『居住権』を選択すると、死ぬまで自宅に住み続けながら、預金の半分の2000万円を相続できます。一方、子供2人は『所有権』の半分の2000万円ずつと預金1000万円ずつを相続することになります」

 居住権は、結婚期間が「20年以上」と比較的長期に条件が設定されている。これは、「後妻業」対策だとされる。

「結婚年数の浅い後妻さんが居住権を使えると、自宅に住み続けながら、多額の現金まで相続できることになります。先妻の子供たちは理不尽な思いをするでしょう」(曽根さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。