マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高級ホテル探訪 京都のフォーシーズンズが醸し出す非日常空間

2018年11月24日 15:00

ラウンジから見える名庭が非日常を演出する(公式サイトより)

 ホテル業界が近年、激変している。外国人観光客の急激な増加もあり、外資系と国内系の高級ホテルが鎬を削っているのだ。代々、有名ホテルを経営している家に生まれ、小さい頃から多くのホテルを見てきた女子大生コラムニスト・小林千花氏が、外資系の高級ホテル「フォーシーズンズ」のラウンジについてリポートする。

 * * *
 京都・東山にあるフォーシーズンズホテル京都は、2年前に開業したばかりのラグジュアリーホテルだ。日本国内の「フォーシーズンズ」は、東京駅にほど近い「フォーシーズンズホテル丸の内東京」と、「京都」の2つ。以前は同「椿山荘東京」もあったが、こちらは経営する藤田観光との提携が2012年に解消されている。

 今回、京都を訪れたついでに、同ホテルのラウンジを利用した。そこは、同じ系列ながらも「丸の内東京」とは一味違った空間が広がっていた。

 メインダイニングは、高さ9メートルの大きな窓の外に、日本庭園が広がっている。名庭「積翠園」だ。平安末期の庭園と言われ、所有者が転々と変わったが、今は同ホテルの一部となった。テラス席やバーカウンターが備えられ、私はテラス席に座った。注文したのはアールグレー(1500円)。

 周囲からは英語をはじめ多くの国々の言葉が聞こえてくる。京都の観光地は人でごった返しているが、そこは余裕を持った配置のラグジュアリーホテル、庭園の風景も取り入れてうまく「非日常」を演出している。

 そういえば椿山荘も「庭」で有名だが、フォーシーズンズはこうした歴史ある空間を活かして雰囲気を作るのは得意なのかもしれない。

 私がラウンジを利用する際に注目するポイントは、「ドラマチック」かどうかだ。つまり「非日常」である。街中の喫茶店よりは高いが、コーヒー1杯が自分の中で体験として記憶に残り、映画1回見るくらいのコストと30分ほどの時間で「非日常」を味わうことができる。それは貴重な空間だろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。