マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「遺言書」書き方ルール改正 親や夫が倒れる前に「財産目録」作成を

2018年11月25日 16:00

遺産相続のトラブルのほとんどは遺言書を作っていなかったことが原因と言われる

遺産相続のトラブルのほとんどは遺言書を作っていなかったことが原因と言われる

 2019年1月から、相続のルールが40年ぶりに大きく変わる。義理の親を介護した妻が遺産を受け取れるようになったり、夫が亡くなった後に妻が自宅に住み続けることができる「配偶者居住権」などが認められるようになる。女性にとってメリットの大きいルール改正と言えるだろう。

 それ以外にも改正点は少なくない。スムーズな相続に欠かせない「遺言書」の書き方のルールも変わるのだ。『相続税は過払いが8割』の著者で、税理士法人アレース代表の保手浜洋介さんが説明する。

「これまで遺言書は、保有している不動産や預貯金などを、細かく一覧にまとめた『財産目録』を手書きで書く必要がありましたが、今後はパソコンで作成できるようになりました。 財産目録に株式や不動産が入っている場合、証券番号や地番などの数字を書き間違えたり、誤字脱字も起きやすく、一字間違えただけで無効になることも多々ありました。高齢になるとすべて手書きするのは負担が大きく、作成が困難な場合もありましたが、これが格段に解消されます」

「どの資産を誰に相続する」といった遺言書の本文は、従来通り、本人の手書きで作成する必要があるが、財産目録は、預金通帳のコピーや、不動産登記簿、固定資産税の評価証明書などを添付してもよいため、それらの書類が揃うなら目録の作成も必要なくなる。

 専門家の多くは、「遺産相続トラブルのほとんどは、遺言書を作っていなかったことが原因」と口を揃える。しかし、遺言書の重要性はわかっていても、そうした細々とした作業を嫌がり、遺言書を作成しない夫は多いもの。

 そういう時こそ“内助の功”の出番だ。役所から届いた夫宛ての通知書や預金通帳の管理などは、普段から任されている妻も多いはず。記載する資産に関係する書類を徹底的に準備し、パソコンで財産目録の作成まで妻がやっておけば、夫も重い腰を上げざるを得なくなる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。