遺言 の記事一覧

「財産目録作成」を作成して遺産の額を明確にする
【夫婦で備える「死後の手続き」】相続をスムーズに進める「財産目録作成」と「遺言執行者選定」 プロに任せる「死後事務委任契約」も選択肢に
 夫婦どちらかが先に逝った時、遺された側がまず直面するのが押し寄せる「死後の手続き」である。なかでも相続で揉めるケースは少なくない。だからこそ、元気なうちに夫婦の間で話し合いをして、できる準備はして…
2024.07.15 16:00
週刊ポスト
相続の手続きは四十九日後に本格化(イメージ)
【死後の手続きカレンダー】四十九日後に本格化する相続の手続き 遺言書があれば検認、ない場合は遺産分割協議書を作成 不動産の名義変更も必須
 夫婦どちらかが先に逝った時、遺された側がまず直面するのが押し寄せる「死後の手続き」である。解約するもの、申請するもの、そして相続の準備……喪失感のなか行なうにはあまりに膨大な作業だ。死後1か月で済ませ…
2024.07.14 16:00
週刊ポスト
死後やらなければならない手続き一覧
【一気読み・保存版】死後の手続きカレンダー 死後1週間以内、1か月以内にやるべき手続き、揉めない相続手続きの手順
ひと目でわかる「保存版カレンダー」付き 夫婦どちらかが先に逝った時、遺された側がまず直面するのが押し寄せる「死後の手続き」である。解約するもの、申請するもの、そして相続の準備……喪失感のなか行なうには…
2024.07.11 06:00
週刊ポスト
遺言があっても遺留分の範囲は侵害できない(イメージ)
内縁の妻に遺産の半分を渡したいけど子供たちが猛反発…遺言の効力はどこまであるか? 生前贈与の注意点は?【弁護士が解説】
 遺言によって、相続人(相続する相手)や遺産の取り分などを指定することができる。では内縁の妻に相続する場合でも、遺言があれば思い通りに遺産を渡すことができるのだろうか。実際の法律相談に回答する形で、…
2024.07.09 16:00
週刊ポスト
相続人がいない場合の財産の行方はどうなる(イメージ)
【最後の社会貢献】ひとり世帯が亡くなった時、財産はどうなるのか? 子供がいないなら国庫帰属を避ける「遺贈」という手段も
 配偶者に先立たれ、子供もいない──そんなひとり世帯が亡くなった時、財産はどうなるのか。司法書士の村田洋介氏が解説する。「妻や子がいないと、相続順位が第2順位の直系尊属である両親や祖父母へ、さらに第3順…
2024.06.27 16:00
週刊ポスト
夫婦でお互いの財産を早めに整理・把握しておくことが大切(イメージ)
配偶者に先立たれる前に備えておきたいお金の問題 まずは「財産の可視化」、想定外の相続トラブルを避けるには「たすき掛け遺言書」も効果的
 どんなに仲睦まじい夫婦でも、いつか死別する日が来る。その事実から目を背け続けていると、いざ配偶者に先立たれた時、押し寄せる数多の難題に対処できない。ひとりになったらどう生きるか、今のうちに夫婦で話…
2024.06.25 15:00
週刊ポスト
相続前に要確認!最低限もらえる遺産の権利「遺留分」早見表
遺産分割トラブルを避けるカギとなる「遺留分」と「寄与分」の必須知識 相続人の“最低限の権利”と“特別な貢献に対する寄与”
 本来、遺言書は相続トラブルを防ぐ役割を果たすものだ。親が法的に有効な遺言書で相続についての意思を示していれば、基本的にその内容が尊重される。子供たちの仲が悪くても、遺言書に“強制力”があるため、揉め…
2024.03.19 16:00
週刊ポスト
家族信託できょうだいが対立することも
【きょうだいトラブルの火種に】「家族信託と遺言書」に潜むリスク 親が認知症になる前に家族全員で確認すべきこと
 親の介護のなかで多くの家族が頭を悩ませるのが「認知症」の問題だ。親が認知症を患うと、口座が凍結されたり、所有する不動産の売却や修繕ができなくなる。施設入居の費用捻出などに際して、親の資産を活用でき…
2024.03.17 15:00
週刊ポスト
緊急時に遺言をどう残すか(イメージ)
【震災時などの緊急事態に】スマホメールで作った“遺言”に法的効力はあるのか? 弁護士が解説
 遺言が法的な効力を持つには一定数の証人がいる前で書面にするなど、いくつか条件を満たす必要がある。しかし、地震や事故など、不測の事態に巻き込まれた際、遺言を作りたくとも所定の条件を満たせる可能性は低…
2024.03.16 15:00
週刊ポスト
遺言書を作成すれば課題が山積みだった相続問題が一気に解決することも(写真:イメージマート)
【専門家8人に聞いた「相続の準備」ランキング】「遺言書作成」の手間を最小限に抑えたいなら「公正証書遺言」を、内容の共有も忘れずに
「遺言書は必須」「生前贈与しないと損!」「やっぱりまずお墓を買わないと」……ひと口に相続といっても、やるべきことが多すぎて、何から手をつけていいのかわからない。本当に必要なもの、そして優先させるべきこ…
2024.03.02 15:02
女性セブン
不動産「相続登記」の手間を減らす準備3
【4月から相続登記が義務化】不動産が“曽祖父の代の名義”のままだと大変なことに! 戸籍取得・遺産分割協議書作成に膨大な手間
 相続で最もトラブルになりやすいのが家や土地などの「不動産」だ。うまく使えば節税になる一方、ひとつ間違えると争いごとや煩わしい手続き、そして金銭的な負担を招くことになる。死亡者全員の出生から死亡まで…
2024.02.13 15:00
週刊ポスト
手続きが断然楽に!生前に「親にやってもらうこと8」
相続トラブルを避けるため『遺言書』を親に書いてもらうためのあの手この手 「親の心情に寄り添って」「プロの手を借りる」
 相続の手続きを円滑に進めるうえでは、「遺言書の有無」がカギとなる。遺言書には法的な効力があり、誰が何を相続するかがきちんと書き残されていれば、手続きは円滑に進みやすい。 一方、遺言書がなかったり、…
2024.02.02 15:00
週刊ポスト
「遺言書を残しておけば安心」とは言い切れない(写真/AFLO)
遺言書に「遺産は均等に分ける」と書いてもトラブルは起こる 揉めないためには「なぜこう分けるのか」の付記が重要
 相続トラブルを回避するために重要なのが、「遺言書」だ。故人が法的に有効な遺言書を残していれば、原則としてその通りに遺産が配分される。 それならば、子供たちが争わないように「遺産は均等に分ける」とい…
2024.01.05 15:00
週刊ポスト
遺言書の“下書き”として役立つのがエンディングノート
【遺言書の準備】エンディングノートを下書き代わりに活用、「デジタル遺産」も書き出して家族と共有を
 特に資産家というわけでなくても、普通の家庭でも起こるのが相続トラブル。相続を“争続”にしないためには、やはり遺言書をつくっておくべきだが、どのように準備すればよいのだろうか。 まずは、相続人の有無と…
2024.01.01 16:00
女性セブン
友人と生前交わしていた口約束の効力は?(写真:イメージマート)
「俺が死んだら、この腕時計をやる」急逝した友人と交わしていた口約束 本当に譲り受けることができるのか?弁護士が回答
「死んだら、コレをお前にやる」など、友人や知人と生前に結んだ約束。だが、遺族がその約束を受け入れてくれるかどうかは別問題。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。【相談】 友人が…
2023.12.24 19:00
週刊ポスト
遺言書を書き換えるときに気をつけるべきこと8
「遺言書を見られたのは人生最大の失敗でした…」 遺言書の作成、書き換えでトラブルを回避するために注意すべきポイント
 遺族のために書き留めておく「遺言書」は、本人が存命中であれば、何度も書き換えることが可能。状況の変化に応じて書き換えることで、相続トラブルを回避することもできるだろう。しかし、一方で書き換えがトラ…
2023.12.20 17:00
女性セブン
遺言書を一度書いてもそれで終わりではない(イメージ)
【実例】こんなタイミングで遺言書は書き換えられる 「財産状況が変わった」「配偶者に先立たれた」「大病を患った」
「自筆」が必須の遺言書をデジタル解禁へ──現在、民法の改正を視野に国を挙げて議論される見通しが立っている。そうなると書く手間が一気に減るが、実は遺言書は本人の存命中であれば、何度も変更することが可能だ…
2023.12.18 17:00
女性セブン
パソコンで作成しても問題ないのは遺言書のどの部分か?(イメージ)
遺言書の一部がパソコンで作成可能に 具体的にどこの部分がOKになったのか、遺言書の書き方・形式の注意点を弁護士が解説
 遺言書で揉めるケースは少なくない。特に「書き方」には、落とし穴が多く、正しく書かないと無効になってしまうこともある。遺言書の注意点について、実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説す…
2023.12.12 19:00
週刊ポスト
遺言書を書き換えるべき主なタイミング
「悔しくて仕方ありません」遺言書の書き換えを怠ったことで生じるトラブル 母の晩年に関係が“雪解け”した60代女性の後悔
「一つ、犬神家の全財産、ならびに全事業の相続権を意味する、犬神家の三種の家宝、斧、琴、菊、すなわち斧琴菊は、次の条件のもとに野々宮珠世に譲られるものとす」 犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛が巨万の富を残…
2023.12.11 16:00
女性セブン
「争族」を起こさないために、前もって備えるべきことは?(写真:イメージマート)
遺言書が逆効果になる場合も 相続を争族にしないために司法書士が「家族信託」を勧める深い理由
「相続をめぐっての骨肉の争いで、兄弟姉妹が離散」という話を聞いても、「たいした資産もないから大丈夫」「うちに限ってそんなことはありえない」と思う人も多いだろう。 しかし、『生前から始める「えんまん相…
2023.11.28 15:00
マネーポストWEB

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース