マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

相続で損しない方法 土地評価を見直せば相続税は安くなる

2018年11月29日 7:00

土地評価が下がる可能性があるのはこんな土地
土地評価が下がる可能性があるのはこんな土地

 財産が世代を超えて受け継がれる時、課される相続税はできれば抑えたい。そのためのポイントのひとつが、土地評価を見直して相続税を安くする方法だ。『相続税は過払いが8割』の著者で、税理士法人アレース代表の保手浜洋介さんが話す。

「相続の際、亡くなった人の住民票の除票や相続人の戸籍謄本、登記簿謄本など、用意する書類が多岐にわたるため、税理士に“丸投げ”する人が多い。しかし、実は多くの税理士は、税務には精通していても相続に関する財産評価は専門外です。そのため、間違った財産評価を行い、本来納めなくてよい税金を払っているケースが多発しています。相続税を納付済みのかたの相談を受けていると、そのうち、実に8割の人が相続税を『過払い』しているのです」

 どうしたら過払いを防げるのか。保手浜さんが続ける。

「過払いの原因の多くは、土地の価格を“過大評価”してしまうことにあります。土地の評価額は、国が定めた『路線価』に面積を乗じて算定されます。ただ、それはあくまで基本であって、土地の特性によって評価額は大幅に下がることもある。たとえば、形がいびつだったら、きれいな四角形の土地よりも価格が下がるため、土地の評価も下げられます。『使いづらい土地』と認識されれば、最大40%も評価額が下がる可能性があります」

 土地の評価が下がるケースは他にもある。

「近くにお墓があったり、線路が通っていて電車が通るたびに騒音があるような土地は、当然そうした問題がない土地と比べると、10%ほど土地の評価額は下がります。また、その土地が面している道路の幅が狭い場合、将来建て替えなどをする際に、その道路の中心線から2mの線までの部分を道路用地として提供しなければならないケースがあります。そのような部分については70%評価を落とすことができます」(保手浜さん)

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。