マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

人生100年時代 老人ホームに入居したまま働くという発想の転換も

2018年12月14日 15:00 週刊ポスト

老人ホームに入ってからもネットを使って仕事することは可能
老人ホームに入ってからもネットを使って仕事することは可能

 人生100年時代を迎え、生活するための資産にも、“延命措置”が必要になる。「人生80年」を前提にした生活設計からの“発想の転換”が求められる。それは働き方や生活必需品の扱いについても言える。日本人の平均寿命は男性約81.1歳、女性約87.3歳(2017年)に達した。実は、日本人の“本当の寿命”はもっと長い。同い年の2人に1人がその寿命まで生きる「50%生存年齢(寿命)」を試算すると、現在55~60歳の男性の「2人に1人」は90歳超、女性の半数は100歳近くまで生きる――そう推定されているのだ。

【老人ホームに入っても働ける】

 定年後も“様々な働き方がある”ということに目を向けていきたい。平気寿命より実際は多くの人が10年近く長生きすることを試算して“長生き社会”に警鐘を鳴らす永田宏・長浜バイオ大学教授が語る。

「“元気な時期だけが働ける期間”という考え方も捨てた方がいい。体が不自由で老人ホームに入ってからでも、パソコンやネットを駆使して仕事はできるし、通勤しての仕事だって可能性を排除する必要はない。そうして社会とつながりを持つ意欲があれば、頭も働いて老化防止、健康維持にもつながる」

【生活必需品こそ処分できる】

 収入を増やすことだけでなく、必要がないのに払っているお金の洗い出しも必須となる。たとえば自宅の「有線電話」。携帯やスマホを持っているなら解約しても困らない。「自家用車」も、歳を取って使用頻度が減れば売る。ガソリン代や保険料など維持費を考えれば、必要時にカーシェアリングを利用したり、タクシーの方が安くつくことは少なくない。

 部屋が余っている広い「家」も維持費がかかる。売却や賃貸して夫婦で安い公営住宅に住む。

 本当に必要なものが何か、冷静に家族と話し合った方がいい。

※週刊ポスト2018年12月14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。