ライフ

復氏届とは? 夫の死後、旧姓に戻して新しい戸籍を作る方法

旧姓に戻すための「復氏届」の記入例

旧姓に戻すための「復氏届」の記入例

 近年、急増している「死後離婚」の代名詞といえば「姻族関係終了届」。配偶者の死後、この届を提出するだけで、義理の親族との縁を断つことができ、扶養の義務からも解放される。だが、この届には姓を戻す効力はなく、離婚のように姓が変えられるわけではない。旧姓に戻すには、「復氏届」を提出しなくてはならない。

 復氏届は、義親ら姻族の同意は必要なく、生存している配偶者が自分の意思だけで届け出ることが可能。存命中なら届出時期に制限はなく、復氏したあと、結婚前の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかを選ぶことができる。離婚問題に詳しい弁護士の佐藤みのりさんは、こう語る。

「子供がいない場合は、結婚前の戸籍に戻りたいと考えることが多いのですが、実家の両親がすでに他界し、兄弟姉妹も結婚・独立していると、実家の戸籍自体が除籍になっていることがあります。この場合は、結婚する前の戸籍に戻ることはできません」(佐藤さん、以下同)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。