マネー

1月に地震保険料が全国平均3.8%値上げ 年間保険料の新旧比較表

徳島、高知は最大4600円アップするという

徳島、高知は最大4600円アップするという

 2019年は4月に「働き方改革関連方」が施行され、10月には消費税率がアップするなど、私たちの仕事・お財布事情に大きくかかわる変化が目白押し。年明け1月にも家計に影響を与える大きな変化がある。

 2019年1月から、多くの地域で火災保険と地震保険が値上がりする。これは、ここ数年、自然災害が頻発したことで、保険金の支払い額が増えたため。2018年に起きた自然災害が料金に反映されるのは1~2年先なので、この値上げは2019年以降も続く見通しだ。

「年内には新規契約や見直しをして、長期契約にしましょう」(経済ジャーナリスト・荻原博子さん・以下同)

 地震保険は、地域によって保険料に差があり、下がるところもあるが、全国平均で金額が約3.8%上がる予定だ。

「自分が住む地域が値上がりするなら年内に、下がるなら改定後の年明けに長期契約&まとめ払いをするとお得です」

※女性セブン2019年1月1日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。