マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

お得な列車旅の友「大人の休日倶楽部」、使わなきゃ損な4つの活用術

2018年12月31日 13:00

「きらきらうえつ」は“笹川流れ“の絶景が売り(野田隆氏提供)
「きらきらうえつ」は“笹川流れ“の絶景が売り(野田隆氏提供)

 50歳以上が使える『大人の休日倶楽部』(以下、「おときゅう」)の手厚いサービスが話題になっている。「おときゅう」はJR東日本・北海道が提供する会員制サービスで、直近3年間で会員数は35%も増加。実に230万人(2018年5月末)が加入している。ミドル(50歳~)なら5%、ジパング(男性65歳以上、女性60歳以上)なら30%の割引を何度でも受けられる「おときゅう」だが、まだまだ上手な利用法がある。

【活用術1】「お召し列車の旅」ほか会員誌のお得パッケージプランを見逃すな!

 慣れていないと、どの列車に乗ってどこへ行けばよいのか、選択肢が多すぎて決めるのも簡単ではない。

「会員向けに毎月送られてくる会員誌を最大限利用するといいでしょう。魅力的なパッケージプランが数多く掲載されています。JRが自社の鉄道を中心に組み上げた商品ですから、安く仕上げてある。天皇陛下が行幸時にお乗りになるお召し列車〈和〉や、かつて活躍したSLを織り交ぜたプランもあり、昭和世代の人気が高い印象です」(鉄道ライターの杉山淳一氏)

【活用術2】年に3回の“激安乗り放題期間”を狙う

 数あるおときゅう会員の恩恵のうち、識者が「使わなきゃ損」と口を揃えるのが『おときゅうパス』だ。会員向けに1年に3回販売される定額切符で、購入すると一定期間内で4~5日間にわたって、エリアのJR線が乗り放題になる。

「JR東日本全線のパスなら1万5000円で4日間、普通列車から快速や特急、新幹線まで乗り放題です。例えば東京駅から仙台駅まで東北新幹線はやぶさに乗ると、乗車券と特急指定券を合わせて片道1万1000円。単純に往復だけで2万2000円かかるのに、このパスなら1万5000円で済む。とりわけJR東日本管内は東北、秋田、山形、北陸、上越、長野と新幹線が各方面にネットワークを拡げていますから、“定額乗り放題”でかなり遠くまで足を伸ばせます」(旅行作家・野田隆氏)

 直近の利用期間は、2019年1月17~29日。毎回、利用期間の1か月前からパスの販売が解禁になる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。