マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

つみたてNISAの含み損に慌てる人へ 資産を守るため今できる対応は?

2019年1月10日 17:00

積立投資で含み損を抱えた時に取るべき対策は?(写真:アフロ)

 2018年後半から日米の株式市場は大きな波乱に見舞われている。2018年初からスタートした「つみたてNISA」(積み立て投資専用の少額投資非課税制度)で積み立て投資を始めた人も多いだろうが、現時点ではそのほとんどが含み損を出している状態だと考えられる。

 中でも、つみたてNISAで投資デビューしたという人の中には、不安にさいなまれたり、動揺したりしている人もいるかもしれない。せっかく勇気を出して投資を始めたのに、いきなり含み損ではそれも無理はない。大切な資産を守るために、この状態からできることは何だろうか。

 その答えは、「何もしない」ことだ。

 下がってしまった相場が回復するには相当時間がかかるかもしれないし、これからもっと下がるかもしれない。それでも積み立て投資は止めずに続ける方が有利だ。積み立て投資は順調に相場が上昇するよりも、途中で下落したほうが、最終的な利益は大きくなるからだ。

 たとえば、基準価額(投資信託の時価)が1万円の投資信託で月1万円の積み立て投資をスタートし、翌月には半値の5000円まで下落してしまったとしよう。2か月で2万円の投資をすることになるが、これが1万円に回復すればその評価額は3万円になる。これは2か月目で倍量の投信を買えるからだ。

 一括投資では意識されにくいが、投資の成果は価格と量をかけ合わせて決まるものだ。積み立て投資では値上がり局面では価格が上昇するが、一方、値下がり局面では多くの量を買えることになる。このケースでも途中で下落相場を経験したので、スタート時より値上がりしていなくても利益を出せるのだ。途中の下落相場は長く深いほど、量をたくさん仕込めるので、後に回復した暁には、得られる利益はより大きくなる。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。