マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

老人ホームから返還される入居一時金の遺産争いは意外に多い

2019年1月22日 7:00

老人ホームの入所一時金に関するトラブルとは?

老人ホームの入所一時金に関するトラブルとは?

 親が亡くなったとき、意外に多いトラブルが老人ホームから返還される“入居一時金”をめぐっての“遺産争い”だ。

 有料老人ホームに入る際に払う「入居一時金」は預かり金扱いで、入居時点で金額の2~3割が償却され、入居期間に応じて減額されていく仕組みが一般的だ。1000万円単位の一時金を支払い、入居してほどなく亡くなれば多額の残額が遺族に返金される。そのため、入居時の契約書で、未償却の入居一時金を誰に残すかの受取人を指定しておくケースが多い。

 南青山M’s法律会計事務所代表の眞鍋淳也弁護士によれば、戻ってくる入居一時金について「相続人同士のトラブルが多い」という。

「たとえば、長男と同居していた高齢の母親が老人ホームに入居し、老人ホームとの契約書の入居一時金の受取人欄に長男の名前を書いたケース。母親の死後、老人ホーム側は入居一時金を長男に返却しますが、そのお金は母親の相続財産で、長男以外の兄弟も相続人となります。長男がそのお金を使い込んでしまったりしたら、“兄弟みんなのお金なのに!”と他の相続人との間でトラブルになるわけです。

 他にも、受取人欄に名前が書かれていた人が相続人ではないことが後から発覚して問題になることもあります」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。