マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金をもらい損ねる意外な落とし穴は夫の失業中、プライドは不要

2019年1月31日 7:00

年金をもらい損ねても役所の側から教えてくれることはない

年金をもらい損ねても役所の側から教えてくれることはない

 本来もらえるはずの年金を失う意外な落とし穴が夫の失業中の年金手続きだ。とくに現役世代は注意したい。政府の年金記録回復委員会委員を務めた社会保険労務士の稲毛由佳氏が指摘する。

「妻が働いていて夫が失業した時、妻の社会保険の被扶養者になれば『3号被保険者』としてその間は国民年金保険料を負担しなくても年金加入期間に算入されます。自己都合退職の場合、3か月間は失業保険が下りない。この期間に妻の扶養家族になる手続きをしていない男性は多い。

 プライドが邪魔したり、次の職場はすぐに見つかるという希望的観測で申請しない人もいますが、その間、わざわざ国民年金の保険料を払ったり、未納期間で将来もらえる年金を減らすのは得策ではありません。

 失業期間が長くなればなるほど“損失”は拡大します。失業してすぐに申請・届け出をすれば、必要な書類は『退職証明書』のみで済むので、迷わず妻の被扶養者になる申請をすることをお勧めします」

 こうした状況下で、保険料を払わずに年金に加入することは、正当に認められた権利だが、役所の側から“こんな方法がある”と教えてくれることはない。

※週刊ポスト2019年2月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。