マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

期待外れだったソフトバンク株IPO それでも損切りできない心理

2019年2月1日 17:00

公開価格を値下げするという選択肢もあっただろうが(孫正義氏。写真:時事通信フォト)

公開価格を値下げするという選択肢もあっただろうが(孫正義氏。写真:時事通信フォト)

 平成最大の新規上場(IPO)として大きな注目を集めたソフトバンク株(東証1部、9434)。市場からの資金調達額は1987年に上場したNTT株(2兆3000億円)を超える2兆6000億円規模にも上り、昨年12月19日の上場前は投資家の期待がおおいに高まっていた。

 ところが、初値は公開価格(1500円)を下回る1463円。それから1か月余りが過ぎても公開価格はおろか初値も上回らない現状に、嘆きの声が相次いでいる。

 32年前にNTT株でひと儲けした経験を思い出して購入したという70代男性がボヤく。

「退職して年金生活に入ってからはほとんど株式投資はやってなかったのですが、上昇期待が高いとか、配当利回りが5%で高配当だとかさんざん目にしたので、100株、15万円ほど買いました。買い値より少しでも上がったら売ろうと思っていたのに……。妻には儲かったら言おうと思っていたので、今も言い出せません」

 期待外れに終わった要因について、カブ知恵代表の藤井英敏氏が解説する。

「ソフトバンク株の上場前に、ファーウェイショック(※注1)や通信障害(※注2)といったネガティブな材料が続いた。それより前の上場なら1500円という公開価格は妥当だったかもしれません。買い手が減ることを予測し、公開価格を値下げするという選択肢もありましたが、ソフトバンクの強気設定が裏目に出てしまった形です」

【※注1/2018年12月6日、ソフトバンクの基地局設備を製造するファーウェイの副会長が逮捕されたことを発端に起きた日経平均の下落。※注2/2018年12月6日、ソフトバンクの携帯電話サービスで発生した大規模な通信障害のこと】

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。