マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

米中貿易戦争は“プロレス”だ トランプ大統領が描く“ベストシナリオ”は?

2019年2月27日 7:00

2007年、WWEのリングに上がったトランプ氏(Getty Images)

 米トランプ大統領はプロレスが好きで、興行に参加したこともある。ワールド・レスリング・エンターテイメント(WWE)は2007年4月1日、ミシガン州デトロイトで「レッスルマニア23」という興行を行った。いくつかのイベントが行われたが、その中の「バトル・オブ・ビリオネアーズ(億万長者対決)」という試合にマネージャーとして登場、WWEのCEOであるビンス・マクマホン氏とマネージャー対決している。この試合、負けた方のマネージャーが丸坊主になるというルールであった。

 結果はトランプ陣営の勝利となり、トランプ氏がマクマホン氏の髪の毛を刈ってイベントは終わっている。ただし、リング上で、ビールで祝杯しようとしたところ、レフリーを務めたスティーブ・オースチンに必殺技の“スタナー”をくらいダウン、苦しそうにするといった“落ち”を見せている。根っからのショーマンシップの人物である。

 WWEのプロレスはショーである。そもそも同社はれっきとした上場会社だ。オールドファンには2002年に社名変更する以前のWWWF、WWFといった名称の方が、なじみ深いかもしれない。ブルーノ・サンマルチノ、ビリー・グラハム、ボブ・バックランド、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン、ハルク・ホーガンといった所属レスラーが、当時、提携関係にあった新日本プロレスのマットに登場し、日本でも彼らは大いに人気を博していた。

 この会社、1999年10月19日にNASDAQに上場(現在はNY証券取引所に上場)したが、その際、事業内容の詳細について投資家に公開する必要があったため、“シナリオ”が存在することを公表している。テレビ放送のために決着のつく時間は決まっており、しっかりとした起承転結のシナリオが存在するということだ。つまり、WWEのプロレスはスポーツ・娯楽であると宣言したのである。

 さて現在、トランプ大統領の動向に世界中が注視している。何が起こるかわからない“トランプ劇場”に振り回されている投資家も少なくないだろう。だが、このトランプ劇場もWWEのプロレス同様、最初からしっかりとしたシナリオがあるのではなかろうか。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。