マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

サービス残業代、何年までさかのぼって請求できるか

2019年3月12日 15:00

退社後もサービス残業代は請求できる?
退社後もサービス残業代は請求できる?

 政府が働き方改革を推進する一方で、一向になくならないのが「サービス残業」。働いた分の賃金がもらえないとは不条理極まりないものだが、サービス残業代は退社から何年前まで遡って請求できるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 私はある商事会社に入社しましたが、2年前に体を壊して退社。最近、入社当時からの日記を確認すると、サービス残業を死ぬほどさせられていたことが判明しました。こういう場合、改めて残業代を会社に請求するのは無理がありますか。そもそも残業代というのは、何年前までの分が請求可能なのでしょう。

【回答】
 残業代とは、時間外労働への割増賃金のことですが、勤めを辞めてからも請求できます。残業代の時効は、労働基準法で発生したときから、2年間と定められています。したがって、2年前までの残業代は残業時間を証明できるのであれば、請求可能です。

 また、2年経過してしまった分についても、諦める必要はありません。会社が単に残業代を支払わなかったというだけでは、2年間の時効の対象にしかなりませんが、例外もあるのです。

 例えば、職場の上長が部下の時間外の勤務時間を把握しながら、所定の残業代の請求手続きをとらせないようにして、時間外労働を命じていたとすれば、労働者に対する不法行為になる可能性があります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。