マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

東証再編で一部上場企業が固唾を呑む「線引き」、“降格”するとどうなる?

2019年3月30日 7:00

東証一部上場企業の時価総額(500億円未満の主な企業)
東証一部上場企業の時価総額(500億円未満の主な企業)

 昨年10月、東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループが有識者懇談会を設置。現在の市場区分を見直す議論に着手し、「3月末を目途に答申がまとまる」とみられている。現在、東証には「市場第一部」「市場第二部」、新興市場の「ジャスダック」「マザーズ」の4市場があり、企業価値を示す時価総額(株価×発行済み株式数)の基準は一部で250億円以上、二部で20億円以上と定められている。

 目下、議論されている市場再編は、最上位を「プレミアム市場」、それに続く「スタンダード市場」、そして新興企業向けの「エントリー市場」の3つに区分し直すものだという報道が相次いでいる。上位市場への昇格基準も厳格化され、最上位市場への上場企業数は厳しく絞り込まれる方針だという。

「プレミアム市場」に入れるかで、企業の株価は大きな影響を受けると考えられる。現在、東証一部に上場する企業がプレミアム市場に留まれば、外国人投資家を含むファンドの買い増しにより、株価上昇も期待できるだろう。一方、除外された企業の株は大きな売りが出ることは想像に難くない。

 問題は株価だけに留まらない。最上位市場からの「降格」は経営陣にとっても社員にとっても憂き目に遭うことを意味する。過去に東証一部から二部に降格した企業の例を見てみよう。

 巨額の損失隠しの末に債務超過に陥り、2017年8月に二部降格した東芝。株価は不正会計の発覚で2016年末に急落。その後、緩やかに回復したが、二部降格が決まって再び急落した。株式市場を通じて長らく日本企業を見てきた株式アナリスト・植木靖男氏が言う。

「降格による先行きへの不安感が株価を押し下げることになり、二部落ちで新規採用がさらなる苦戦となった。流出した多くの優秀な技術者のなかには、降格をきっかけに辞職を決意した人も少なくないでしょう。社員にとっても、二部から一部に昇格した時とは正反対の“信用失墜”となるわけです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。