マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ランニングで心肺停止のリスクも… 高齢者でも安心な健康運動は?

2019年5月18日 7:00

高齢者のランニングには注意が必要
高齢者のランニングには注意が必要

「いつまでも健康でいたい」と考えて定年後もスポーツに勤しむのはいいが、高齢者の運動には注意すべき点も多い。たとえば高齢になってからランニングを始めるのは考えものだ。筑波大学名誉教授の田中喜代次氏が語る。

「加齢とともに心肺停止や脱水症状を引き起こすリスクが高くなる。男性の場合、50代後半から骨密度や筋肉量が目立って低下し始めるので、転倒による骨折の危険性もグッと高まります」

 市民マラソン大会では、他の年代に比べて60代の心肺停止発生率が最も高いという調査結果もある。それだけではない。

「ランニングを続けていると、特に高齢者の場合は心臓の筋肉が伸びて拡張する、いわゆる『スポーツ心臓』になってしまうことがあります。心臓が拡張すると、リラックスして休んでいる時の脈が著しく遅くなり、不整脈が出ることもある。寝ている時に心臓が止まりやすくなるため、ペースメーカーが必要になる場合もあるのです。

 対してウォーキングや水中歩行は心臓に過度の負担がかかる複雑な動きはさほどないので、高齢者でも比較的安心して実践できる健康運動です」(同前)

 健康で長生きしたいなら、無理な運動は控えたほうが賢明のようだ。

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。