マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

米中貿易摩擦の再燃でドル/円下落も、熱くなって底値売りは危険

2019年5月14日 20:00

 現地時間5月5日のトランプ大統領の対中貿易関税引き上げ発言に端を発し、ドル/円はリスク回避の円買いに大きく動いています。

 6日のシドニー時間で為替市場が開くと、ドル/円は111.00円前後で窓を開けて下落。10日に対中追加関税が発動し、そして、今週月曜には中国が報復関税を発表、一時109.02円近辺をつけました。

 現在のドル/円相場は、日本が介在していなくても、世界的にリスクが発生すれば円高に動くことを確認しました。

 テクニカル的に申し上げれば、今年の1月3日のフラッシュ・クラッシュ(大荒れ相場)以降4か月間続いたジリ高相場が終わり、下落相場に転じたと考えています。

ドル/円日足チャート(チャートはTradingView)

ドル/円日足チャート(チャートはTradingView)

 問題となるのは、今回の下落が「週末に窓を作り、それから続落する」という誰がみても下げだとわかる相場であること、言い換えれば、ショートになりやすい地合いに入ってきているということです。

 マーケットが下げを確信する相場になっているため、戻り売りが出やすくなっていると見ています。

 気になるのは生保など機関投資家の動きです。4月末に出揃ってきた新年度の生保の方針は、「オープン外債(為替ヘッジせずに為替リスクを取って外債運用)を増やす」というもののようです。

 どんな価格でも買うというわけではなく、「下がったら買う」というのが彼らの方針です。方針が決まった直後のトランプ発言でしたので、少なくとも先週前半は買いが引いていたと思います。

 しかし、13日のドル/円安値が109.00円手前ギリギリに迫る109.02円近辺だったことで、109.00円に機関投資家の買いがあることが察せられました。最初は様子を見てから、引きつけて押し目買いをするというのが彼らの常套手段なので、109.00円で買いを入れてきたものと思われます。

 こういった状況では熱くなって底値を売らないほうが賢明です。相場は「買い手も売り手も油断していればこそ動く」もので、皆が備えている状況でのトレードは非常に難しくなるということです。

【PROFILE】水上紀行(みずかみ・のりゆき):バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。主著に『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』(すばる舎)、『FX常勝の公式20』(スタンダーズ)他多数。メールマガジン「水上紀行のFXマーケットフォーカスト」配信中。ツイッター@mizukamistaff

「FX」関連記事

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。