マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「退職年金は年利2%の高利回り」の謳い文句に落とし穴

2019年5月21日 7:00

退職金は受け取り方の違いでこんなに税額が変わる

退職金は受け取り方の違いでこんなに税額が変わる

 退職金はサラリーマンにとって、年金と並ぶ定年後の家計の柱だ。その「虎の子」に、もらい方ひとつで100万円単位の差が生じてしまう。

 退職時に「一時払い」として一括でもらうか、「年金」方式で分割して受け取るかの選択が重要となる(「一時金+年金方式」の組み合わせを選べる企業もある)。

 この超低金利時代では、銀行に預けても利息はゼロに等しい。一方、企業の退職年金は年利2%前後の比較的高い運用を謳っている。そのため「一時払いで全額もらうより、年金方式のほうが得」と考える人も多いが、ここに落とし穴がある。

 図は、43年勤続した会社を65歳で定年退職した人が退職金2000万円を一時払いでもらったケースと、利率2%で10年有期の年金方式で受け取った場合を比較したものだ。年金方式は、一時払いと比べて手取りで160万円以上損してしまうのである。なぜ大差が生まれるのか。

「退職金を年金方式で受け取ると、公的年金と合わせた“月収”が増え、天引きされる税金が大幅に増えてしまうからです」(ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏)

 図の分割で受け取ったケースでは所得税と住民税の合計額は年間約56万1000円にも上り、公的年金のみの場合と比べて、10年間で約350万円も多く税金を払うことになる。10年運用しても退職金は2183万円ほどにしか増えず、税金分をカバーできない。

 一時払いで高額の退職金を受け取っても、多額の税金がかかりそうに思えるが、こちらは「退職所得控除」を受けられるため、ゼロとなるケースがほとんどだ。控除額は勤続年数によって決まり、20年超なら「800万円+70万円×(勤続年数-20)」で算出される。

 図のケースでは2000万円の退職金に対して税金はゼロだ(厚労省によると、2017年の大卒・院卒の退職金の平均額は約1983万円。37年以上勤続していれば全額非課税)。モデルケースより公的年金収入が低くても同様に100万円以上の差が生じる。

「分割で受け取って得になるのは、よほど運用年数が長く、かつ高利回りであるケースに限られます」(りそな年金研究所の谷内陽一氏)

 当然、一括で受け取った退職金を無計画に浪費してしまうと、元も子もない。

※週刊ポスト2019年5月31日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。