マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

日銀のマイナス金利 撤廃されるのは「7年後」か

2016年5月13日 7:00

日本銀行

日本銀行

4月28日に行なわれた日銀の金融政策決定会合で、日銀による追加金融緩和が見送られた。マーケットのコンセンサスは、追加緩和を想定していたため、期待が裏切られた格好となり、株価は大幅に下落、為替は円高が進んだ。

一方、債券相場は落ち着いた展開となり、長期金利の指標となっている10年国債の利回りは、前日比-0.015%の-0.085%(終値)となった。目先の追加緩和が見送られても、ゆくゆくは実施されるだろうという、比較的冷静な“読み”が働いたといえるだろう。

ここで、債券市場は日銀のマイナス金利政策がいつまで続くと見ているのか、検証してみたい。検証の材料とするのは、「フォワードレート」である。

「フォワード」とは「将来」という意味で、フォワードレートを直訳すると「将来の金利」という意味になる。金融の世界では、「将来のある時点から一定期間後の金利」という意味で使われ、「1か月後から1か月間のフォワードレート」とか、「3年後から1年間のフォワードレート」といった具合いに使われる言葉だ。

ここでは、1年後、2年後、3年後……10年後の、それぞれ1年間のフォワードレートを見てみよう。複雑な計算式は省略するとして、それぞれのフォワードレートを計算してみると、次のようなことがわかる(財務省が発表している4月27日の各期間の国債利回りを用いた)。

・6年後までのフォワードレートはすべてマイナス圏
(ちなみに6年後からの1年間のフォワードレートは-0.074%)

・7年後以降のフォワードレートはすべてプラス圏
(7年後からの1年間のフォワードレートは0.1790%)

この結果から導き出せるのは、「7年後くらいには、日銀がマイナス金利を撤廃していると、金融市場が想定している」ということだ。裏を返せば、今後7年程度はマイナス金利が継続することになる。

マイナス金利を、金融政策としては一時的な“奇策“と捉えている人も多いかもしれない。だが、予想外に長引くと考えておくべきだろう。これからの資産運用にも、こうした観点が必要となってくるのではないか。

文/松岡賢治(ファイナンシャルプランナー・ライター)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。