マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

退職金を「老人ホームの入居金にしよう」と預金することの重大リスク

2019年6月16日 16:00 週刊ポスト

老人ホームの入居資金を確保しておきたい気持ちはわかるが…
老人ホームの入居資金を確保しておきたい気持ちはわかるが…

 老後の虎の子資金である退職金で考えなくてはならないのが、運用するか、預金に回すのか、預金するとして「いつまで貯めたままにしておくか」だ。定年退職後、妻と都心のマンションで暮らす長嶺さん(63・仮名)はこういう。

「1000万円の退職金のうち500万円は、妻と相談して“老人ホームの費用にとっておこう”と、普段使うのと別の定期口座に移してある。それなりの施設に入るにはまとまったお金が必要ですからね」

 老人ホームの検索サイト「みんなの介護」によると、民間の介護付き有料老人ホームの入居一時金の平均額は355万1000円。長嶺さんの蓄えがあればたいていの費用を賄える。

 しかし、ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏は「退職金を『老人ホームの入居資金』と決め込んでしまうやり方はあまりお勧めしません」と話す。

「老人ホームに入居するのは75歳を超えてからが大半です。定年退職してから約10年も先のことで、それまでお金を有効活用できる機会は数多くある」

 たとえば自宅のリフォームは人によっては複数のメリットがある。“老人ホーム入居のために”と、まとまった金額を別口座にして触らないでいると、リフォーム費用が捻出できないことにもなりかねない。

「その結果、段差の多い自宅に70歳を超えても住み続けることになり、転倒して負ったケガなどで、医療費がかさむリスクも考えられる。柔軟な発想をせずに“10年間、絶対にこのお金には触らない”と決めてしまうことも、またリスクだと認識したほうがいい。

 老人ホーム入居費用には、自宅を売却して得た資金を充てられるケースもある。退職金単体で使途を考えるのではなく、保有資産全体をどう生かすかを考えてマネープランを組み立てていったほうがよいでしょう」(同前)

※週刊ポスト2019年6月21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。