マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

働き方改革で副業解禁の真意 「日本はもう終身雇用はしない」

2019年7月7日 16:00 週刊ポスト

「副業解禁」時代に生き残るには?
「副業解禁」時代に生き残るには?

 これから定年や年金受給を迎える世代の資産形成を揺るがしているのが政府の「働き方改革」だ。

 大きな柱のひとつが「過労死ゼロ」をスローガンに導入された残業規制だが、こちらは手取り収入の大幅ダウンで住宅ローン破産が大きな問題になりつつある。その一方で残業規制と矛盾するのが「働き方改革」のもうひとつの柱、「副業解禁」だ。

 残業カットで収入が減るから、その分は副業で社外で働いて稼げというのであれば過労死はなくならない。経済アナリスト・森永卓郎氏が語る。

「これは“日本はもう終身雇用はしない”という宣言です。日本の企業はこれまで就業規則に兼業禁止規定を入れ、“副業せずにうちの会社で働いてください。そのかわり定年後まで面倒見ます”という方針だった。それが終身雇用を維持できなくなったから、副業を解禁しているわけです。しかし、非正規の賃金は正社員の半分。残業代が減った分を副業のパート収入では補えません」

 ではどうするか。森永氏は発想の転換が必要と説く。

「ある程度の年齢でキャリアに自信がある人なら、会社との雇用契約を解消してフリーランスになり、複数の会社から仕事を請け負う。これが賃金低下を伴わないやり方でしょう。“独立しても食べていける”という確信をもってからやったほうがいい」

 なにより、副業するのであれば、「残業カットで空いた時間を使う」のではなく、「本業より稼ぐ」道を選ぶことが、老後資産を増やすために欠かせない選択だ。

※週刊ポスト2019年7月12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。