マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

不完全で不公平で歪 中国の不動産市場が抱える構造的問題

2016年5月29日 7:00

中国の不動産市場はどうなる?

中国の不動産市場はどうなる?

中国の不動産価格の上昇が止まらない。5月18日に発表された4月の不動産価格統計(70大中都市)によれば、新築商品住宅では、65都市で前月と比べ価格が上昇した。ちなみに、前月も、62都市で上昇している。

地域別にみると、合肥では前月と比べ5.7%、厦門では5.2%上昇した。そのほか、恵州、上海、杭州で3%を超えており、北京、広州、深センなどの大都市でも2%を超えている。

不動産価格の上昇が目立ち始めた昨年4月と比べてみると、深センが62.4%、上海が28.0%、北京が18.3%、広州が17.4%上昇している。10%以上上昇している都市は、全部で9都市ある。

なぜ上昇したのだろうか? 中国経済の2015年の成長目標は7%前後であったが、年初から成長率が低かった。結果的に成長率(実質GDP)は、第1四半期から順に7.0%、7.0%、6.9%、6.8%となったが、早くから目標達成が危ぶまれた。

中国経済の成長は投資に依存しており、その投資は不動産によるところが大きい。2015年の全国固定資産投資に占める不動産開発の割合は17.4%で製造業の32.7%には及ばないが、水利、環境、公共施設の10.1%を大きく上回っており、不動産開発は投資の主要エンジンの一つである。

その主要エンジンが減速傾向を示し始めたのである。国務院は成長目標達成のため、不動産コントロール政策を緩めることにした。

2015年3月、5月、6月、8月、10月には利下げが行われた。住宅ローン金利は段階的に下がり続けた。秋口以降、一部の地方は住宅購入制限の緩和や撤退を行っており、国務院の地方政府に対する監督管理が緩和された。同時に、頭金比率の引き下げや、銀行の融資姿勢の積極化などもあり、不動産価格は上向き始めたのである。

ただし、不動産需要には地域差が大きい。人口流入が多い大都市では不動産に対する実需が大きい。さらに、資金力のある消費者も多く、投機需要も強い。大都市圏での価格上昇が目立つのは、潜在需要の強さから、ちょっとした緩和でも需要が大きく刺激されてしまう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。