マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

ピーシーデポコーポレーション(7618):独自路線で業績拡大、ストックへの移行で増益期待

2016年5月30日 19:00

ピーシーデポコーポレーション(7618) 市場平均予想

tomatsu201600530

企業概要

同社は関東圏を中心に、パソコンや周辺機器、スマートフォン等インターネットデバイスの販売・修理を手掛けています。また、保守サポートを月額制の会員サービスとして提供し、商品からサービスをワンストップで提供することで、事業拡大に成功しています。

「ITのワンストップソリューション」を提供

他店購入も含めPCからスマホやタブレットの「オールデバイス」を対象とし、Wi-Fi接続から各種設定、OSのアップグレードやデータバックアップ、セキュリティ対策、料金見直など、様々なサービスが月会費内で受けられます。要は、「デジタル機器をまとめて面倒見るよ」、というサービスです。

商品販売は、薄利多売で外部環境の影響をうけやすいため、波に乗れると儲かりますが、逆になる、例えば最近のPC需要が減退すると一気に低調となってしまいます。

こういったことを踏まえると、今後発展していく「困る」に対応するサービスは潜在需要が高く、月額料金(代表的なサービス内容で月額4500円(デバイス7台))による安定した収益を得られるサービス売上の拡大は利益を増大させていくと考えられます。

注目ポイント

業績を牽引しているサービス事業は、売上の47.7%を構成するまでに拡大してきました。「ITのワンストップサービス」としてハードとソフト(サービス)がセットとなったソリューションサービスの売上が好調に伸びていることに加え、SLP店への業態転換が進んでいることが大きな要因です。

パソコン市場の低迷を背景に同社の商品売上高も低調であるため、売上全体は微増にとどまっていますが、サービス事業のストック効果で、利益率が大幅改善しており、過去最高増益を更新しています。同社は中期目標として、売上高経常利益率10%以上、ROE15%以上を目指していますが、ストックモデルの拡大により達成可能だと考えられます。

また、このように業績拡大が期待できる大きな理由として、同社が独自路線のビジネスモデルを築いてきたことが大きいと思います。パソコン専門店から出発し、そのまま修理店展開に留まっていればソフマップのように買収されてしまったと思います。

しかしながら、同社は家電量販店にはない「困ったことを解決する」サービスで差別化したことが成長への道を切り開いたのだと思います。

※最新の推奨銘柄、相場見通しを知りたい方は是非、日本株通信にご登録下さい
日本株通信

戸松信博 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。