マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

妻に先立たれた夫、遺族年金がもらえないうえ自分の年金も減額に

2019年12月22日 16:00

配偶者に先立たれた時の「遺族年金」どうなる?
配偶者に先立たれた時の「遺族年金」どうなる?

 夫婦のどちらが先立つかによって、残された人が受け取る「遺族年金」の額は違う。夫婦とも年金受給し始めたあと妻に先立たれた夫は、送られてきた年金通知を見て、「エッ、オレの年金が減っている」とショックを受けることも覚悟しておいたほうがいい。

 妻の年金がなくなるのは当然だが、夫の年金の手取り額まで減らされるケースが少なくないのだ「夫に先立たれた妻」と「妻に先立たれた夫」は税制上の有利不利が違う。

「遺族年金」(遺族厚生年金、遺族基礎年金)は非課税だ。そのため、「夫に先立たれた妻」が自分の年金に加えて夫の遺族厚生年金を受給するようになると、年金受給額が増えるが、年金から天引きされる税金は増えない。遺族厚生年金はまるまるもらえる。

 一方、「妻に先立たれた夫」の場合、妻の遺族年金はもらえないケースがほとんどだが、不利はそれだけではない。

 妻が存命中は、年金所得に「配偶者控除」を受けることができるから税金が安くなっている。しかし、妻が亡くなった途端、配偶者控除がなくなって年金から天引きされる所得税・住民税が大きくなり、年金額はそれまでと同じでも、手取りが減ってしまうのである。

 配偶者控除は夫の課税所得から所得税38万円、住民税33万円(妻が70歳以上の場合は控除額が所得税48万円、住民税38万円)が差し引かれて課税されることから、控除がなくなれば夫の所得によって税額が年約5万~10万円ほど増える可能性がある。

 とくに働きながら在職老齢年金をもらう夫ほど、収入が多い分、妻が死亡して配偶者控除がなくなるマイナスは大きい。

 これを知らないと、夫は“妻に先立たれた悲しみ”のうえに、“年金減額”という2重のダメージを受けることになる。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。