マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コンビニ24時間営業は「必要」か「不要」か、両派の意見

2020年1月16日 15:00

コンビニは24時間営業を続けるべきか否か(イメージ)

コンビニは24時間営業を続けるべきか否か(イメージ)

 コンビニの24時間営業は「必要」か「不要」か?──本誌・週刊ポストの読者アンケートでは【必要】22.0 %、【不要】77.0%という結果になった(*「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答)。

 ここでは、見解の異なる2人の識者の意見を紹介しよう。

●佐藤昌司氏(店舗経営コンサルタント・必要派)

 昨年2月、人手不足で24時間営業をやめたセブン-イレブンの店舗が話題になりました。もちろんオーナーや従業員の労働環境は改善されるべきですが、それはあくまでも雇用形態の問題であり、24時間営業をやめるのはデメリットのほうが多いと考えます。

 コンビニは「いつでも開いている」という安心感によって、社会的インフラとしてのブランド価値が認められ拡大してきました。24時間の看板を下ろす店舗が増えれば、全店舗一律で同じサービスを提供するコンビニの強みが失われる。

 さらに24時間の店舗と時短の店舗が並存すれば、配送などの効率が低下する懸念も出てくる。24時間営業を継続しなければ、6万軒近くあるコンビニ全体に悪影響を及ぼしかねないのです。

●加谷珪一氏(経済評論家・不要派)

「失われた20年」と言われる日本経済の中で、個人消費は伸び悩み、コンビニ店舗にとっては「お客さんがあまりお金を落としてくれない」という状況が続いています。それでも成長を続けるため、コンビニは「大量出店」を続けてきました。

 近いエリアに集中出店する戦略を「ドミナント」と呼びますが、現在はその“限界”が現われてきたと言えます。近距離にコンビニが乱立することでお客さんを奪い合い、加盟店の利益が減ってしまった。そうした中で深夜営業のスタッフを確保しようとすると、人件費が上がり経営が苦しくなってしまいます。

 夜間の客数が多い店舗もあれば、少ない地域もあるはずです。業界全体やスタッフが疲弊するやり方ではなく、地域によって「時短営業」の導入を検討すべきです。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。