マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】日経平均は2週ぶり上昇 年明けも堅調推移を予想

2019年12月29日 8:00

2020年の日経平均は堅調なスタートとなるか
2020年の日経平均は堅調なスタートとなるか

 投資情報会社・フィスコが、株式市場の12月23日~12月27日の動きを振り返りつつ、12月30日の大納会と年明け1月6日以降の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は薄商いの中を上昇した。週間ベースでは2週ぶりに上げに転じた。

 米中が貿易協議での第1段階の合意について、来年にも署名に至るとの期待から、20日のNYダウは続伸し、連日で過去最高値を更新した。これを受けて23日の日経平均は4日ぶり小幅反発した。ただし、海外投資家を中心に取引参加者が減り、積極的に上値を追う動きは限定的だった。利益確定の売りも出て、引けにかけて小幅ながらマイナスに転じる場面もあった。個別では、がん治療薬が米当局の販売承認を取得したと発表した第一三共<4568>の上昇が目立った。

 23日のNYダウは、中国政府が来年1月1日から、冷凍豚肉や医薬品、紙製品、一部のハイテク部品などの輸入関税引き下げると発表し3日続伸となった。この流れを受けて、24日の東京市場も引き続き薄商いの中ながら、日経平均も小幅続伸した。ただ、日中の上下の値幅は57円ほどにとどまり、後場は一段とこう着感を強まった。東証1部の売買高は8億6585万株、売買代金は1兆2861億円と今年最低となり、およそ5年8カ月ぶりの低水準だった。個別ではZHDと経営統合で最終合意し、株式公開買付け(TOB)の価格にさや寄せする展開となったLINE<3938>の上昇が話題となった。

 クリスマス・イブで午後1時までの短縮取引となったNYダウは4日ぶりに反落し、25日の日経平均も3日ぶりに反落した。日経平均がこの日の安値で取引を終えるなか、日中の上下の値幅は42円ほどと小動きだった。東証1部の売買高は7億7659万株、売買代金は1兆0992億円と連日で今年最低を記録した。副最高執行責任者(COO)の退任が発表された日産自<7201>が3%の下落となったほか、在庫を過大計上した可能性を公表したJDI<6740>も売られた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。