マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

1000円からできる「金投資」に注目集まり価格高騰

2016年6月20日 11:00

「金投資」に注目が集まり金の価格が高騰

「金投資」に注目が集まり金の価格が高騰

 金の価格上昇が止まらない。今年1月には1g4100円台だった金の国内価格は、6月には4748円にもなっている(6月10日現在)。これは2000年の平均価格1014円の4倍以上というから驚きだ。

 そうした金価格の上昇を受けて、金の売買を手がける田中貴金属工業の店頭は大賑わい。銀座本店の副店長・山田英和さんはこう嬉しい悲鳴を上げる。

「今年に入ってから問い合わせは増えています。日によっては、購入を希望するお客さまであふれ、店舗内の椅子が足りないほどです」

 金の上昇トレンドを加速させているのは、何かと話題のマイナス金利政策だという。

「マイナス金利によって預けた側が利息を払うというあべこべな構図が生まれました。これまで金利がつかないのがデメリットといわれてきた金ですが、逆に、“金利がつかないところがいい”と注目が集まった。常識がひっくり返ったのです。日銀はマイナス金利を今後も拡大することを示唆しているので、ますます金の需要は伸びるでしょう」(金投資に詳しい経済アナリスト・豊島逸夫さん)

 国内でここまで金価格が上昇するのには、もう1つ理由があると豊島さん。

「アベノミクスへの不安です。1つの法則として“株価が下がると金が上がる”というものがあります。昨年までは株価が上昇していたため、金価格は下がっていましたが、今年に入って株価が下がったので、金価格は上昇していきました」

  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。