マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

休み時間に「雨が降ってきたので教室へ」と伝えた教員が注意されたワケ

2020年4月3日 16:00

桜丘中学の前校長・西郷孝彦さん
桜丘中学の前校長・西郷孝彦さん

 3月末に定年退職した「校則をなくした校長」として知られる東京・世田谷区立桜丘中学の前校長・西郷孝彦さんは、子供に干渉しすぎる「過干渉」を減らす取り組みをしてきた。西郷氏と教育評論家の尾木直樹さんらとの共著『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(小学館刊)は、過干渉をやめたとき、子どもが成長をみせる理由について解説している。

「過干渉」の線引きは難しい。子どものことを心配するのは、教員にとっても親にとっても、当たり前の感情でもあるからだ。将来を心配するあまり、つい「勉強しろ」「いい学校に行け」と口をついてしまう。その何が問題なのか──。

 尾木直樹さんは、桜丘中学校でのあるエピソードに注目する。尾木さんは、自らがMCを務めるNHK Eテレの番組『ウワサの保護者会』で、実際に桜丘中学校を訪れたことがある。

「桜丘中学校で、ある先生に伺った話がとても印象に残っています。その先生は、別の学校から同校に赴任してきたばかりでした。

 ある日、休み時間に急に雨が降ってきたので、運動場で遊んでいる生徒に向かって、室内に入るよう放送で呼びかけたのだそうです。ところがすぐに、当時校長だった西郷さんから、“そんな放送はやめなさい”と注意されてしまった。その理由はこうでした。

“雨に濡れるのがイヤなら、生徒は自分で教室に入る。濡れても楽しいと思うなら、そのまま遊ばせてあげればいい”。

 これは非常に重要な視点です。校内放送を流した先生は、なんの疑いも持たず、むしろ子どものためを思ってしたことでしょう。ですが、子ども自身がどうするかを判断する前に、先生が“教室に入るべき”という考えを、無意識に押しつけてしまった。西郷さんは、それが過干渉だと考え、先生を注意したのでした。

 このケースに限らず、多くの教育現場では、知らず知らずのうちに、こうした過干渉が行われてしまっているのです」(尾木さん)

 昨今話題のブラック校則も、言い換えれば過干渉の1つといえる。何を着るのか、何をしていいのか、あらゆることを、子ども自身が考えて判断する前に、校則で規制してしまう。それはつまり、子ども自身の「考える力」を奪ってしまっているのだ。

※女性セブン2020年4月16日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。