マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

自由な校風の超進学校、生徒の“暴走”に歯止めをかける教師の言葉

2019年5月16日 16:00

校則が超ユルユルでも学級崩壊しない理由は?(イメージ)

校則が超ユルユルでも学級崩壊しない理由は?(イメージ)

 中学や高校の校則に関してまことしやかに囁かれる“法則”が、「超進学校ほど校則がユルユル」というもの。毎年、東京大学に100人前後の生徒を送り込む麻布(東京)や灘(兵庫)といった名門校は、自由な校風でも有名だ。40代の教師・Oさんが働く高校も、超進学校であるとともに、自由な校風で知られてきた。だが、近年急速に締め付けが厳しくなっているという。Oさんがいう。

「ウチの高校は、生徒の自主性を育むことを大きな目標として掲げており、校則はあってないようなものでした。その精神は徹底しており、かつては修学旅行の行き先さえ、生徒が決めていた時期もあります。そういった校風に惹かれ、遠距離通学をしたり、親戚の家に下宿したりして通う生徒もいます」(Oさん。以下「」内同)

 それだけ自由な校風ながら優れた進学実績を保てるのは、もちろん教師の指導力もあるが、その学校に魅力を感じて、本当の意味で賢い子が集まっていることの現れだろう。ところが長年培ってきた良き慣習が、ここ10年ほどの間に一気に崩れ去りつつあるという。

「きっかけは携帯電話(スマートフォン)です。携帯電話が普及し始めた頃、授業中に携帯が鳴る事態が相次ぎ、生徒と教師との話し合いの末に、『授業中は電源OFF』というルールができました。全面持ち込み禁止も検討されましたが、『生徒の自主性を重んじる』という校訓が優先されたのです。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。