マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

値段も様々、「ロボット掃除機」導入で生活はどう変化したか

2020年4月21日 16:00

ロボット掃除機導入で生活はどう変化した?(イメージ)
ロボット掃除機導入で生活はどう変化した?(イメージ)

 部屋の床を自動で掃除する家電「ロボット掃除機」。2万円ほどで購入出来るエントリーレベルの機種から、障害物を検知する高感度なセンサーを搭載し、床を水拭き出来る機能を備えた20万円近くするハイエンド品もあり、新規参入するメーカーも増えている。

 マイボイスコムが今年2月に発表した調査によれば、ロボット掃除機の所有者は全体の8.9%程度。2018年の前回調査からは0.9%の伸びに留まっており、価格や手入れへの懸念から、購入に至らない場合も多いようだ。ロボット掃除機を所有する人たちに、利用の実態や満足度、生活に訪れた変化を聞いてみた。

 ロボット掃除機を愛用して1年になる30代の女性会社員・Aさんは、2LDKの物件に住む共働き家庭。8万円で購入した掃除機を週3回の頻度で、出勤前に電源を入れて出かける。

「平日は忙しく、きちんと掃除が出来るのは週末のみ。少しでもサボると埃や髪の毛が目立ち、咳やくしゃみが出てしまうのがストレスで、ロボット掃除機を導入しました。部屋の隅など、掃除の甘い箇所はありますが、9割ぐらいのゴミはなくなっている印象です。それ以外の箇所はフロア掃除用のワイパーで済むので、もともと持っていた掃除機は一切使わなくなりました。時間の節約になるし、『掃除しないといけない』というプレッシャーから解放されたことを考えると、元は十分に取れていると思います」

 引っ越しを機に、5万円のロボット掃除機を購入したのは、一人暮らしの男性会社員・Bさん。

「床の上に脱ぎ散らかした服がどうしても溜まりがちで、部屋全体が常に埃っぽい。ロボット掃除機は、電源コードや服など、床に少しでも物が落ちているとひっかかるので、動線を十分に考えたうえで家具を配置し、コンセントの配線も工夫しました。掃除しやすいように物を小まめに拾い、床に置かない様に心がけた結果、部屋を片付ける習慣が身についたので、一石二鳥です」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。