マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

入院費用 郊外だったり看護師少ない病院なら安くなる

2016年7月7日 7:00

看護師が少ない病院は入院費用も安い?

看護師が少ない病院は入院費用も安い?

 病気になった時に誰もが心配する医療費。制度や仕組みを知っているだけで大きく違ってくる。入院費用も制度を知れば安くなる。

 あまり知られていないが、入院費用は、「看護師」の数によって大きく変わる。日本医療事務協会の藤野京子氏が解説する。

「たとえば、患者7人に対して看護師1人がつく場合、入院時の基本料金である『一般病棟入院基本料』の自己負担額は1日4773円です。この額は看護師が減るほど減額され、患者15人に対して1人だと2880円になる。差額は最大で1日1893円です」

 患者に対する看護師の割合が少ないほど、入院費用は安くなるが、ひとりの看護師が受け持つ患者の数が多くなり、しっかりとした医療サービスが受けられるか不安になるかもしれない。だが、藤野氏はこうアドバイスする。

「先進医療ならともかく、骨折や盲腸炎など比較的軽度の症状での入院なら、看護師の少ない病院でも問題はありません。看護師が少なくとも、最近は看護師をサポートする看護助手が多い病院も増えています。こうした病院では、安い入院費で大病院並みの医療サービスを受けられることもあります」

  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。