マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ禍の在宅勤務で「むしろ仕事量が増えた」人たちの苦悩

2020年7月22日 7:00

在宅勤務なら時間を有効に使えると言われているが…(イメージ)
在宅勤務なら時間を有効に使えると言われているが…(イメージ)

 コロナ禍で働き方が急速に変わるなか、会社側がその変化のスピードに適応できていないと感じる人は少なくない。ビジネスアシストパートナーが「withコロナ時代での会社の不満」を20~40代に調査したところ、「あなたの会社は働き方改革ができていると思いますか?」との質問に対し、「全くできていないと思う」(22.0%)、「あまりできていないと思う」(32.3%)と、約半数が「できていない」と回答している。

 そうした弊害は、社員の業務量が増加するという形でも表れ始めているようだ。一見して、テレワークの導入により、通勤時間がなくなり負担が減ったように思えるが、対面でのコミュニケーションが減った分、むしろ業務量が増えたと感じている人も少なくない。その実態とは――。

 都内のマンションで小学生の息子と夫と3人で暮らす40代女性・Aさんは、メーカーの中間管理職。コロナ後は明らかに会議の数が増加したと話す。

「日中、やたらオンラインミーティングの予定を入れられるようになりました。対面だとちょっとした会話で済んでいたようなことも、すべてそういった形で“共有”する。非対面だからある程度は必要なのでしょうけど……」

“共有”の増加により、業務が定時後に及ぶことも多くなったという。

「テレワークになって以降、夕食後、息子が寝たくらいの時間にも仕事をする羽目になっています。昼間のオンラインミーティングの間、ビデオやマイクをミュートにして、音声だけ聴きながら別の仕事をしてみたこともありますが、やはりどちらにも集中できないので、やめました。こういう共有面の問題を改善できればいいのですが」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。