マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在宅勤務で「エナジードリンク飲まなくなった」の声続々 どうして?

2020年6月1日 15:00

どうして飲まなくなったのか?(イメージ)
どうして飲まなくなったのか?(イメージ)

 在宅勤務を続けるなかで、職場では当たり前のようにしていた習慣にも変化が起きているようだ。その中で興味深いのは、「エナジードリングを飲まなくなった」という声が複数から聞こえてくることだ。どんな心境や環境の変化があったのか、当事者たちの声を聞いた。

 20代の男性会社員・Aさんは、在宅勤務に移行してから、朝一番にエナジードリンクを飲む習慣がなくなったと話す。

「出勤前にコンビニに立ち寄るので、そこでエナジードリンクを買っていたのですが、在宅勤務になると、そもそも朝、外に出ることがない。特にエナジードリンクを飲みたいという欲求も起きなくなりました。思い返すと、僕にとってエナジードリンクは満員電車で疲れた体と気分をリフレッシュし、仕事モードに切り替えるためのものでした」

 Aさんは、エナジードリンクのかわりに炭酸飲料などの消費が増えているという。

「爽快感なら炭酸水で十分だし、カフェインを摂取しないならコーラでもいい。わざわざエナジードリンクを飲むことがなくなりました」(Aさん)

 30代の男性会社員・Bさんは、過酷な残業を乗り切る手段として、毎日エナジードリンクを常飲していた。だが、体が悲鳴を上げていたことも確かだと振り返る。

「残業時に、自らを奮い立たせて勢いづけたり、体力の限界を超えるときに飲んでいました。エナドリは、自分の“戦闘力”を上げるもの。夜に3本目を飲んだ日もありました。激務の影響もあってフラフラすることもありますが、1~2時間くらいは『できる』『勝てる』と前向きになれるし、それで修羅場を乗り越えてきたものも事実です」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。