マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続大改正の目玉「配偶者居住権」の注意点 相続できる預貯金に影響も

2020年9月13日 11:00

居住権と所有権は年齢とともに変わる
居住権と所有権は年齢とともに変わる

 40年ぶりとなる相続に関わる民法大改正。新ルールの多くが2019年7月に施行され、およそ1年が過ぎた。その相続大改正の目玉が、今年4月に始まった「配偶者居住権」だ。これまでの制度では、夫の死後に自宅を譲り受けた妻が、預貯金をほとんど相続できず生活費に困ったり、遺産を分割するために住み慣れた自宅の売却を求められるケースが少なくなかった。一般社団法人しあわせほうむネットワーク/司法書士法人リーガルサービス代表の野谷邦宏氏が解説する。

「そこで新ルールでは、自宅の権利を『所有権』と『配偶者居住権』に分けて相続できるようになりました。これまでは、例えば1000万円の自宅と1000万円の預貯金を妻と子で相続する場合、1000万円ずつの持ち分になるため、自宅を相続した妻の預貯金相続はゼロでしたが、自宅の権利を妻が500万円の配偶者居住権、子が500万円の所有権というように分けて相続することで、妻も預貯金をもらえるようになりました」

 残された妻の生活を守るための新制度だが、ここにも落とし穴がある。夢相続代表取締役で相続実務士の曽根惠子氏が指摘する。

「配偶者居住権の価値は、土地建物の評価額や妻の年齢などから複雑に計算されます。ポイントは妻の年齢が若いほど、その家に住める年数が長くなるため、配偶者居住権の評価額が高くなること。つまりその分、相続できる預貯金額などが減少します。計算が複雑なので“我が家の場合はどちらがいいのか”といった相談も寄せられています」

 例えば、4000万円の築5年の鉄筋コンクリート造のマンションで試算すると、50歳の妻の配偶者居住権は3167万円だが、80歳では1514万円になる。その分相続できる預貯金額が変わるので、配偶者居住権の利用は慎重に検討したい。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。