マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

LINEの「失速」を補って余りある「ポケモノミクス」の威力

2016年7月15日 18:00

「ポケモノミクス」が相場を牽引か(『ポケモンGO』公式HPより)
「ポケモノミクス」が相場を牽引か(『ポケモンGO』公式HPより)

 米国を中心に、リリースと同時に爆発的なヒットとなり、もはや社会現象と化しているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」。共同開発した任天堂の株価は、6月28日の年初来安値1万3360円から7月15日には2倍以上となる2万7780円の年初来高値を記録。同社株の1日の売買代金がトヨタ自動車の6倍超に膨らむなど、その勢いは関連銘柄にも及び、ポケモン関連銘柄の活況ぶりから「ポケモノミクス」なる造語まで飛び出している。

 その裾野は広がりを見せ、任天堂と提携するディー・エヌ・エー、ポケモングッズを販売するタカラトミー、子会社がアニメを制作するイマジカ・ロボットホールディングスやアニメを放送するテレビ東京ホールディングスにも及んでいる。

 さらに、任天堂株を保有する京都銀行、子会社が万博記念公園の大型複合施設「エキスポシティ」で「ポケモンEXPOジム」を運営するサノヤスホールディングス、「ポケモンパン」を販売する第一屋製パン、傘下のフジテレビジョンが「ポケモンGO」を共同開発する米ナイアンティックに出資しているフジ・メディア・ホールディングスまで、関連銘柄を探る動きは広まっているのだ。

 ところで、7月15日の株式市場はもうひとつ、今年最大規模と注目を集めたLINEのIPO(新規上場)があった。こちらは初値が公開価格3300円を48.5%上回る4900円をつけ、一時は5000円まで上昇したが、その後失速して終値は4345円となった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。