マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

上期好調の中国景気 下期の成長持続に懸念材料はないか

2016年7月21日 7:00

中国景気に懸念材料はあるか
中国景気に懸念材料はあるか

 中国の国家統計局は7月15日、2016年4-6月期における実質経済成長率を発表した。結果は6.7%で1-3月期と同じ。市場コンセンサスと比べ、0.1ポイント上振れした。

 全人代で決まった今年の成長率目標は6.5~7.0%である。上期を終えて6.7%なので、計画達成は容易となった。

 とはいえ、下期に入り、景気が崩れる可能性は無いのだろうか? 直近となる6月の状況について詳しくみると、少々不安な所もある。

 まず、生産、需要などの結果をまとめて示せば、以下の通りである。

●鉱工業生産:6.2%増で、前月と比べ0.2ポイント高く、市場コンセンサスと比べ0.3ポイント高い
●全国固定資産投資(累計):9.0%増で、前月累計と比べ0.6ポイント悪化、市場コンセンサスと比べ0.4ポイント低い
●民間固定資産投資(累計):2.8%増で、前月累計と比べ1.1ポイント悪化した
●全国不動産開発投資(累計):6.1%増で、前月累計と比べ0.9ポイント悪化した
●小売売上高:10.6%増で、前月と比べ0.6ポイント改善、市場コンセンサスと比べ0.6ポイント高い
●輸出:4.8%減で、前月と比べ0.7ポイント悪化、市場コンセンサスと比べ、0.7ポイント低い
●輸入:8.4%減で、前月と比べ8.0ポイント悪化、市場コンセンサスと比べ、3.4ポイント低い
●貿易収支:481億ドル1000万ドルの黒字で、前月よりも18億7000万ドル減少

 外需が低迷、設備投資が鈍化する中、消費が大きく回復しており、生産は予想以上に伸びたということだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。