マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

宝くじ買うなら売り場か、公式サイトか 売り場独自のサービス品も注目

2020年12月16日 19:00

「宝くじ売り場」ならではのメリットも(イメージ)
「宝くじ売り場」ならではのメリットも(イメージ)

 今年も「年末ジャンボ宝くじ」と「年末ジャンボミニ」の2種類の「年末ジャンボ」が、12月25日まで1枚300円で発売中だ。年末ジャンボ宝くじは1等・前後賞合わせて10億円、年末ジャンボミニは1等・前後賞合わせて5000万円と、12月31日の抽せん日に向けて夢は広がる。

 これらが購入できる場所としては、「宝くじ公式サイト」と「宝くじ売り場」の2つがある。それぞれの買い場でどんな違いがあるのだろうか。まず宝くじ公式サイトでは、メンテナンスの時間を除き、いつでも好きなときに買うことができる。昼間は忙しくてなかなか買いに行く時間がないという人にも向いている。

 支払い方法は「クレジットカード」「ドコモ払い」「auかんたん決済」から選べる。あとは、どの宝くじを何枚買うか選ぶだけ。購入から当せん金の受け取りまですべてネット上で行える点が大きなメリットだろう。

 一方の宝くじ売り場だが、コロナ禍においてわざわざ買いに行くのは大変かもしれないが、希望の番号を選ばせてもらえたり、スクラッチやビンゴ5など、売り場でしか買えない宝くじを買うこともできる。何より、宝くじ券の現物が入手できるので、「宝くじを購入した!」という実感を得られるだろう。

 さらに、一定枚数を購入した場合、その売り場独自のサービス品がもらえることもある。例えば、サマージャンボのときにはペットボトルカバーやウェットティッシュ、バレンタインジャンボではチョコレート、その他にもボールペン、キーホルダー、メモ帳、ぬいぐるみ、翌年の干支がデザインされたポーチなどがあった。

 販売期間の途中で商品のラインナップを変えている売り場もあるため、何回か通ってコレクションを増やすという楽しみ方もできそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。