マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

今年の「年末ジャンボミニ」に注目すべき2つの理由

2020年12月8日 7:00

今回の年末ジャンボミニは狙い目?(「宝くじ公式サイト」より)
今回の年末ジャンボミニは狙い目?(「宝くじ公式サイト」より)

 宝くじファンだけでなく、今や国民的行事とも言える冬の風物詩「年末ジャンボ宝くじ」が、12月25日まで全国の宝くじ売り場で発売中だ。1等前後賞あわせて最高10億円の超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ」と、1等前後賞あわせて5000万円が当たる「年末ジャンボミニ」の2種類が、どちらも1枚300円で発売されている。

 令和2年度に発売されたジャンボ宝くじは、ドリーム(5月)、サマー(7月)、ハロウィン(9月)、年末(11月)で、各ジャンボ宝くじと同時にジャンボミニも併売されている。そして今回の年末ジャンボミニは、次の2つの理由により、今年度に発売されたジャンボミニの中でも“狙いやすい”宝くじと言える。

 1つ目は「1000万円以上に当たる確率」だ。1ユニット(1000万枚)あたりの1000万円以上の当せん本数は、他のミニが10本ずつなのに対して、年末ジャンボミニは12本。つまり当せん確率が2割もアップしている。また、同時発売中の年末ジャンボと比較しても、1000万円長者になる可能性は3倍以上もある。

 2つ目は「2等の当たりやすさ」だ。1ユニットあたりの2等の当せん本数と金額を見ると、ドリームジャンボミニが1000本(10万円)、サマージャンボミニが400本(5万円)、ハロウィンジャンボミニが400本(5万円)、年末ジャンボミニが4000本(5万円)となっている。サマージャンボミニやハロウィンジャンボの2等も同じ5万円だが、年末ジャンボミニの方が10倍も当たりやすい。

 さらに、年末ジャンボミニには前後賞が設定されているので、それを考慮すると、1枚で23回も当せん番号を照合する楽しみがある。

 他のジャンボミニとは一味違う年末ジャンボミニで、プチ贅沢を狙ってみてはいかがだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。