マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

年末ジャンボとミニの意外な事実 100万円、10万円が当たりやすいのは?

2020年12月22日 19:00

「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」の当せん確率はどう違う?(「宝くじ公式サイト」より)
「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」の当せん確率はどう違う?(「宝くじ公式サイト」より)

 2種類の年末ジャンボ宝くじが、12月25日まで全国の宝くじ売り場、ならびに宝くじ公式サイトで1枚300円で発売されている。「億万長者の夢がある年末ジャンボもいいけど、もっと現実的な100万円や10万円が当たりやすい年末ジャンボミニを買いたい」と考える人もいるかもしれない。ただ、その考え方は本当に正しいのだろうか?

「年末ジャンボ」は1等前後賞あわせて最高10億円の超豪華賞金が魅力。一方の「年末ジャンボミニ」は1等前後賞あわせて5000万円。ところが、今年の当せん金体系を比べてみたところ、意外な事実が判明した。

 1億円以上の当せんはもちろんジャンボのみ。1000万円以上の当せんはミニが約3倍当たりやすい。ここまでは予想通りかもしれないが、100万円以上、10万円以上は、すべて年末ジャンボの方が当たりやすくなっているのだ。中でも10万円以上は、ミニよりもジャンボの方が10倍以上の当せん確率となっている。

■2000万枚あたりの金額別当せん本数
(1ユニットの構成枚数が異なるため、同じ枚数に揃えて比較)

【当せん金額】年末ジャンボ/ジャンボミニ/当たりやすさの比較
【1億円以上】3本/0本/ジャンボのみ
【1000万以上】7本/24本/ミニが約3倍
【100万以上】50本/24本/ジャンボが約2倍
【10万以上】249本/24本/ジャンボが約10倍
【5万円以上】2249本/8024本/ミニが約3.5倍
【1万円以上】62249本/108024本/ミニが約1.7倍

 つまり、ミニのほうが100万円や10万円が当たりやすいというのは間違った認識。今年の年末ジャンボには、中間賞金を狙いつつ億万長者を目指せるという魅力があるようだ。

 年末ジャンボもジャンボミニも、抽せんの模様は12月31日の午後0時45分頃から、NHK総合テレビとNHKラジオ第1で生中継される。当日の夜には、宝くじ公式サイトで抽せん結果を確認することも可能で、元日の朝刊にも当せん番号が掲載される。

 なお、支払い開始は1月8日からなので、それより早く宝くじ売り場に持って行っても、当たりハズレの判別も換金もできないので、注意してほしい。はたして、今年の年末、億万長者や1000万長者の夢を手にするのは誰か?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。