マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国株式市場 長期投資対象として妙味も

2016年8月12日 16:00

中国株の長期投資に妙味

中国株の長期投資に妙味

 中国本土株式市場はこの半年間、値固めの状態が続いている。上海総合指数の動きをみると年初の急落後、1月27日に安値2638.30ポイントを付けたが一旦回復、4月13日には戻り高値となる3097.16ポイントを記録した。しかし、その後は比較的狭いレンジでの上げ下げが続いた。7月中旬には4月の高値を抜ける寸前まで買われたものの、その後は調整局面となり、8月8日は3004.28ポイントで引けている。

 上海総合指数が上昇相場に乗れない要因として、景気回復の遅れ、企業業績の伸び悩みなどが上げられる。ただし、こうした要因はここ数年変わらない。8月5日時点の市場平均PER(株価収益率)は14.79倍であり、歴史的水準と比べれば、割安とは言えないが、決して割高な水準ではない。

 本土市場は元来、需給要因や投資家心理による影響が大きい。今回は政策の変化が市場への資金流入を抑え、投資家心理を落ち着かせているのではないかとみられる。

 劉士余氏が中国証券監督管理委員会の主席となって、半年が過ぎようとしているが、新主席が主導した主な政策をまとめると以下の通りである。

・リスクコントロールについてさらに注意を払う
・裏口上場と重大資産リストラ行為の規範化
・虚偽情報によるIPO(新規上場)を厳しく打ち砕き、上場廃止制度の実質的な運用のため、関連する仲介機関を厳しく罰する
・全面的にディスクロージャーの水準を引き上げる
・投機を制限し、インサイダー取引を厳しく打ち砕く
(新浪財経を参考、http://finance.sina.com.cn/focus/liushiyujianguan/)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。