マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

iPS細胞から10年 芽吹き始めた再生医療ビジネス

2016年9月1日 16:00

再生医療ビジネスの可能性は?
再生医療ビジネスの可能性は?

 医療分野での発展に大きく寄与することが確実視されている再生医療。その将来的な可能性はビジネスの分野でも大きな注目を集めている。

 再生医療とは、身体の組織が欠損状態や機能障害に陥った場合、幹細胞(細胞を供給するもととなる母細胞)などを用いることにより失われた機能を再生させる医療だ。そして、これに深くかかわっているのが幹細胞だ。幹細胞は私たちの血や臓器や皮膚の成長する元となり、失われた細胞を再び生み出す能力を持っている。

 元々私たちの命は受精卵から始まり、受精卵が細胞分裂を繰り返すことで体ができている。そして、受精卵から分裂して出来た幹細胞が、毎日細胞分裂を繰り返し、失われた細胞を補充しているのだ。そして、決まった組織で細胞分裂を繰り返した幹細胞は受精卵時代の「何にでもなれる」能力を失ってく。

 つまり受精卵は幹細胞の母といえる。その受精卵が数回分裂して得られるのがES細胞(胚性幹細胞)であり、受精卵を擬似的に目指したものがiPS細胞(人工多能性幹細胞)というわけだ。

 ES細胞は受精卵そのものを使うため倫理的問題を抱えているが、何にでもなれる細胞として各方面で研究が進められている。特に外国では、そのコストからiPS細胞よりも主流だという。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。