マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【松井咲子のFX変奏曲】(Lesson2)イギリスのEU離脱は世界を変える?
  • PR
  • 2016年9月1日 19:00

     ピアニストとしても活動する松井咲子がFX(外国為替証拠金取引)を学ぶこのシリーズ。セントラル短資FX代表取締役・松田邦夫さんを迎えて、FXでお馴染みの通貨が、どのような文化的背景を持っているのかを毎回探っていきます。

     今回取り上げる通貨は、EU(欧州連合)からの離脱を国民投票で決め、全世界を揺るがしたイギリスの『ポンド』。政治的な話題から始まると思いきや、対談は冒頭から予想外の展開に……。
    money-post2016-06-43-1

    ピーターラビットも英国発

    松井:今日は松田さんのイメージとはだいぶ違う、ずいぶんかわいらしいお店ですが、松田さんのセレクションなのですか?

    松田:いや、あの、今年はピーターラビットの物語の作者であるビアトリクス・ポターの生誕150周年です。彼女の絵は、日本人がイギリスの田園について持っているイメージとぴったりでいいかな、と「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで選びました。

    松井:そんな大げさなものでしょうか(笑)。でも、心なしかいつになく緊張しておられるようで。前回インタビューのあと、「次回はイギリスにしましょうか?」とおっしゃっていたので、「ビートルズ来日から50年」といったお話かな、なんて考えていました。松田さんは当時のことをよく覚えておられるのでしょう?

    松田:半世紀前に生まれていたことは認めますが、まだ小学生でした(笑)。

    国民投票がFXに与える影響

    松井:ただ、イギリスと言えばここ数か月はEUからの離脱の話で持ち切りでしたね。

    松田:長く国際金融の仕事に携わった私から見ても、市場に極めて大きなインパクトを持つ政治イベントでした。イギリスでは首相まで交代しましたし、ヨーロッパ大陸にも波紋が広がっています。

    ただ、今後離脱に向けては紆余曲折を経ながら数年をかけた大作業になるでしょうから、すぐに大きな混乱が起きる可能性は高くないでしょう。通貨ポンドがなくなるわけではありませんし、ロンドンの国際金融センターとしての地位が簡単に揺らぐとも考えにくいところです。

    松井:ということは、ポンドがすぐに投資しにくくなるといったことはないのでしょうか?

    松田:そう思います。FXについて言うと、これだけイギリスやEUが話題になったおかげで、投資家のポンドやユーロについての知識が格段に増えて、投資対象として身近になった面もあるのではないでしょうか。

    不動産売却の完全マニュアル

    【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
    【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
    【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
    【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

    初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

    楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
    金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
    “ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
    ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。