マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「春の開運宝くじ」で注目すべき“100万円当せん確率”の高さ

2022年3月30日 7:00 マネーポストWEB

「春の開運宝くじ」は中間賞金も魅力のひとつ(イメージ)
「春の開運宝くじ」は中間賞金も魅力のひとつ(イメージ)

 宝くじにおいても新年度の幕開けを告げる「春の開運宝くじ」が、4月13日から5月2日まで、1枚200円で発売される。くじ券には「泳ぐ宝石」ともいわれる2匹の錦鯉が描かれているのが特徴だ。

 気になる当せん金だが、1等の6000万円が2本、前後賞を合わせると最高1億円が当たる豪華なものになっている。宝くじ売り場での発売はまだだが、すでに宝くじ公式サイトでは予約購入の受付が始まっている。

 この宝くじは億万長者になれる可能性があるのも魅力だが、中間賞金が当たりやすいことも特徴のひとつ。例えば100万円の当せん金は400本(1000万枚当たり200本)用意されているのだが、これは確率が“甘い”と言われている「バレンタインジャンボ宝くじ」(1000万枚当たり60本)の3倍を超える当せん確率となっている。

 さて、今回の「春の開運宝くじ」のような大型当せん金の全国自治宝くじは、3年前に元号が令和になって以降、毎年この時期に発売されている。過去の抽せん結果を調べてみたところ、1等の当せん番号の数字には「0」「1」「4」の3つが必ず入っていることがわかった(以下参照)。

◎「新元号記念くじ」(第792回全国)抽せん日:令和元年6月3日
1等6000万円 59組149103番
◎「宝くじ発売75周年記念くじ」(第836回全国)抽せん日:令和2年5月11日
1等6000万円 01組104362番
◎「春の開運宝くじ」(第882回全国)抽せん日:令和3年5月11日
1等6000万円 86組101224番

 もちろん過去にそうだったからといって、今回どうなるかはわからないが、宝くじを買う際の参考にする人もいるかもしれない。

 なお、この宝くじは売り場と公式サイトを合わせ、2000万枚限定での発売となっている。販売最終日を待たずに完売となる可能性もあるので、購入を考えている人は、早目に購入するようにしたほうがいいかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。