マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

株価10倍「テンバガー狙い」の投資でギャンブル性を下げる方法

2022年4月20日 19:00 女性セブン

個別株投資において大切なことはリスクのコントロール(イメージ)
個別株投資において大切なことはリスクのコントロール(イメージ)

 4月から、高校の家庭科で「金融教育」の授業が始まった。そこでは、主に「つみたてNISA」や「iDeCo」などを活用した、堅実な資産形成について教えるという。しかし、堅実とはつまり、ローリスク・ローリターンということだ。個人投資家で、『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』などの著者・遠藤洋さんはこう話す。

「少額の投資信託では、大損することは少ない代わりに、資産の桁が増えることはありません。資産が短期間で2倍、3倍になる可能性を秘めているのは、やはり個別株。もちろん損失が出る可能性もありますが、正しい知識をつけて注意深く運用すれば、リスクはある程度コントロール可能です」

 世界的に有名な『Apple』や『Amazon』のほか、日本でもユニクロを展開する『ファーストリテイリング』や『ワークマン』などは、短期的に株価が急上昇している「10倍株(テンバガー)」だ。

 こうしたお宝株を見つけるには、何に注目すべきなのだろうか。まず目を向けたいのが、今後有望なテーマに沿った銘柄。いまなら、旅行や飲食、エンタメ業界などだ。

「キーワードは“可処分時間”。コロナをきっかけに、人々の働き方やライフスタイルは大きく変化しました。今後は物理的なモノではなく、自由な時間を増やしたり、より充実した時間を提供するようなサービスが伸びていくでしょう」(遠藤さん)

 旅行や飲食は大企業が目立つが、誰もが知るような大企業は、どうしても伸びしろが限られる。マーケットバンク代表の岡山憲史さんが説明する。

「株式投資では“人の行く裏に道あり花の山”という格言があるように、多くの投資家が弱気になっているときにこそ、裏をかいて株を買うとよい、とされています。つまり、未熟な株の成長を読んで、安いときに買っておくのです。クラウドサービスを提供する『ドーン』やECサイト関連の『いつも』のほか、新薬開発ベンチャーやメタバース関連の株も今後伸びてくるでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。